こんにちは(´・ω・`)

またまたイヤホンを購入しましたのでレビュー致します
今回は毎度おなじみKZ社のイヤホンです
KZ-ATRという中華イヤホン界では不動の地位(?)を築きつつある
KZ-ATEの後継機ですv(´・ω・`)v

HCKさんより購入しました
購入額はTwitter割で7ドル程度だったと思います

Cn8JN7IVUAEUarc


【高域】
高域はかなり明瞭な音を鳴らします。KZ-ATEも解像度の高いイヤホンでしたが
高域に関してATRはそれ以上の印象です

【中域】
ATEはボーカルが少し遠くから鳴っている印象でしたが、それに比べればやや近くで鳴っています
音が聴き分けやすいです

【低域】
ATE・ATE-Sに比べれば明らかに量・質共に減っていますが
その分、中域・高域の音質が良くなっています


【総評】
ATEがやや低音寄りのイヤホンだったのに対し、ATRは高域寄りに調整を行っている印象です
全体的な傾向としては高域寄りのフラットでしょうか。
ATE同様、音の迫力はそれほどありませんがより癖が少なく聴きやすくなっています
低価格イヤホン、特に10ドルを切る価格帯では高域が得意なイヤホンは少ないかと思いますので
とりあえず1本は持っていてよい製品かと思います。


ご覧いただきありがとうございましたv(´・ω・`)v